ワケアーリ|共有持分、底地、再建築不可など、訳アリ物件トラブル解決

共有持分,底地,再建築不可,空き家,相続など

訳あり物件の
売却トラブル
を解決

訳アリ物件は、一般的な不動産物件と比べて価格が安く魅力的に感じられることが多いですが、その背景にはいくつかのリスクが存在します。 訳アリ物件を売却を検討する際は、不動産業者や鑑定士などの専門家と連携し、売却プロセスをスムーズに進めることが売却成功の秘訣です。

ゴミ屋敷トラブル回避メリット・デメリットリフォーム・リノベーション不動産売却不動産鑑定士事故物件共有持分(共有名義)再建築不可告知事項告知物件土地活用方法地主・借地人専門家のサポート底地権・借地権建築基準法弁護士の活用悪臭・害虫・騒音火災リスク相続税金空き家空き家売却立ち退き訳アリ物件買取
訳アリ不動産を高く売却するには「他社との買取査定を比較すること」です
ワケアーリ|共有持分、底地、再建築不可など、訳アリ物件トラブル解決
共有持分とは

共有持分

共有持分とは、複数人が共同で一つの不動産を所有する際の各人の持分割合を指します。共有物の管理や変更には過半数や全員の同意が必要で、相続や不仲で連絡が困難になると不動産が放置され空き家リスクが生じ管理や売買が難しくなります。。共有状態には共同名義や共有名義などの呼称があります。

底地とは

底地

底地とは、第三者が建物を所有するための賃借権や地上権が設定された土地です。底地権は流動性が低く、売却が難しい上に地代未払いなどのリスクがあります。また、建物が存在することで有効活用しづらいなど、土地の価値が低く評価される場合もあります。

再建築不可とは

再建築不可物件

再建築不可物件は、解体後に新たな建物を建てることが法的に制限された土地です。接道義務を満たさないため、安全面での配慮が原因です。再建築ができないため、増改築も制限され、売却や賃貸が困難となり、資産価値として大幅に下がる傾向にあります。

空き家とは

空き家

空き家は管理が行き届かず、老朽化や不法侵入のリスクがあります。また、修繕費用がかさみ、売却が難しいことが多いです。さらに、空き家のまま放置すると資産価値が低下し、売却や賃貸が困難になるリスクがあります。

相続とは

相続

不動産相続において、訳あり不動産を相続した場合、法的問題や修繕費用が発生しやすく、共有者間の意見対立で売却できずに放置されるリスクが生じやすいです。相続税の負担や税金の支払いなど専門家への相談と対策が不可欠です。

オススメ記事

共有持分の買取を含む売却方法
共有持分の空き家を売却するためのコツと注意点
底地の持つ3つのメリットと2つのデメリット
底地の売却をスムーズに進めるための5つのコツ
再建築不可物件のアパートを購入するメリットや注意点
再建築不可物件は買取も視野に入れた活用方法を検討しよう
ゴミ屋敷の売却はゴミを片付けることを優先しよう
告知物件の相場は周辺と比べて割安になりやすい

共有不動産(共有持分/共有名義)カオスマップ

共有不動産(共有持分/共有名義)カオスマップ

共有不動産に関連する事務所、団体、企業、を網羅的にリストアップし、上記カテゴリ毎に主要なものをマッピング。
このマップとその検討を通じて得られた知見は今後、「売却活動の促進」「空き家再生」「訳アリ不動産の解消」など様々な立場で、共有不動産に関与する当事者にとって、市場の全体構造を理解するための共有知識として活用され、「日本国土の再有効利用」に貢献することが期待されて作成されたものです。

※出典:株式会社SA